20代は睡眠と食事を大切に 〜 成長ホルモン、たんぱく質、血行促進

20代におけるバストアップ方法には大切なポイントがいくつかあります。

バストの成長を促進させるのは、その名の通り「成長ホルモン」です。

10代の頃は、黙っていても成長ホルモンの分泌が盛んに行われました。

初経と時期を同じくして成長ホルモンは順次バストを形作ってきました。

20代になると、この成長ホルモンの分泌も減少します。

ただ、人間は一生をかけて分泌そのものは続いていますので、そのタイミングを逃さないことが大切になります。

成長ホルモンの分泌は睡眠中に行われています。午前0時の前後1時間の分泌量が最も多いとされています。

その時間帯に熟睡モードに入っていることで成長ホルモンが促進されます。なので、胸を大きくしたいなら、夜更かしの習慣を改めることです。理想は22時にはベッドに入ることですね。

また、バストアップには食事も重要です。

バストは脂肪分でできていますので、動物性と植物性のたんぱく質の摂取を心がけます。

動物性たんぱく質には肉、魚、卵、牛乳、チーズなどがあります。

植物性たんぱく質には大豆、ホウレンソウ、ジャガイモ、野菜、果物、ごはん、パンなどがあります。

そして、摂取した栄養分がしっかりとバスト作りに生かされるために、全身の血液循環を良好に保つことです。

冷え性を抱えていることは、バストアップ方法を進める上での妨げになります。

入浴習慣を作り、体を温めることを心がけます。そして湯船につかりながら、バスト周辺のマッサージをおこないます。

バストアップ方法は、スタイルの見直しからも行うことができます。

まさに胸を張って活動することです。背筋を伸ばし、猫背を改めます。

バストの形を強制する下着などで、無理な圧迫を避けます。これらは全てが血行促進につながっています。

20代である以上は、特別なトレーニングなどを取り入れなくても、日常生活を見直すことによって、まだまだ十分にバストアップを実現することができますよ。

二十歳を過ぎても胸は大きくなりますよ!

人間の成長は20歳前後がピークだと言われています。

よく20歳以上になってしまうと、バストアップできないと思う人が多いです。

あえて申しあげますと、この20代リミット説というのは、あくまでも目安ということなのです。

現に私は、20歳の時から3センチ以上背が伸びて30代でも年に数ミリ伸びています。

よって、限界を定めてしまうのは時期尚早というものです。

また、この20代という時期は女性にとって環境の変化が激しい時期です。

就職、結婚、妊娠、出産という流れの中で、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌が乱れてしまうことがあります。

妊娠にも関与しますので、もし月経が来ないというようなことが続いた場合、受診した方がいいでしょう。

他に、不正出血やいつもと違うリズムで月経がくるというようなことがあった場合、生活習慣が乱れていないか考えていきましょう。

普通、閉経は40代〜50代でおきますが、今は過度のダイエットなどによって20代〜30代で月経が終了してしまうという方も少なくないのです。

女性ホルモンの分泌が少なくなってしまいますと、バストアップどころではなく骨粗鬆症にもなってしまう危険性が高まります。

できるだけ基礎体温なども測っていくと、自分のバストが育たない要因が食事なのか、睡眠なのか、ホルモンバランスなのか要因がおおよそ掴めるかと思います。

下着も機能がしっかりし、締め付けすぎないものを選びたいものです。

焦らず、じっくりバストアップしていきたいですね。

40代からのバストケア 〜 筋力アップ、リンパ、女性ホルモン分泌

40代になり、バストの位置が下がってきたり、形が崩れてきたりという経験をする人も多いのではないでしょうか。

そういったことが気になり始めたものの、バストアップ方法が分からない・・・年齢のこともありバストアップ方法に取り組めない人も少なくありません。

しかし何歳になってもバストアップに遅いということはありません。

40代のバストアップ方法で重要なことは、筋力アップと正しい姿勢、バスト周りのリンパマッサージ、女性ホルモンの分泌です。

年齢とともに筋肉量が減少し、筋力が衰えてきます。

筋力が衰えることで猫背になり、それにまかせてしまっていてはバストも下がる一方です。

大胸筋(胸の筋肉)や僧坊筋(背中の筋肉)、三角筋(肩の筋肉)を鍛えるエクササイズを取り入れることで筋力がアップします。

すると猫背の改善にもつながり、きれいなバストに近づきます。

また、きれいなバストを保つにはリンパマッサージも有効です。

バストアップに特に有効なのは腋窩(えきか)リンパ節と鎖骨(さこつ)リンパ節で、この2つのリンパをマッサージすることで溜まった毒素や老廃物を排出し、血行を促進します。ちなみに、腋窩(えきか)リンパ節とは脇の下のリンパのことです。

乳腺を刺激することもバストアップに効果的ですので、積極的にマッサージしましょう。

食事や睡眠など規則正しい生活を心がけることも大切ですが、年齢とともに減少する女性ホルモンを活発にすることもかなり有効です。特に、40代になると女性ホルモンの分泌量は大幅に減りだします。

女性ホルモンを分泌させるには、卵巣に働くツボを押すことでも促されますが、一番即効性があるのはプエラリアサプリを摂取することです。

正しいバストアップ方法を諦めずに取り組んでいけば、40代でも30代と変わらない体型を手にできますよ。

40代こそ必要なのは「恋」です!更年期障害の特効薬は恋愛

40代と言えば更年期障害ですね。

妊娠能力が衰えて、女性ホルモンの分泌量の低下がみられます。

急な体感温度の変化、だるさ、気分の落ち込み等、身体的にも精神的にも打撃が大きい時期です。

筋力も低くなってクーパー靭帯が伸びてしまうのでバストが下垂してしまいがちです。

40代になると「もうバストアップなんて無理」そう諦めていませんでしょうか。

ここで更年期障害の特効薬をご紹介しましょう。

それは、恋です。

何も、今の旦那さんを裏切って、他の男に走れということではないです。

俳優でもアニメキャラでも宝塚でも韓流でもいいので、自分が憧れをもって動くことができる対象を見つけることが重要なのです。

旦那さんでもいいのですよ!

毎日「きれいだね」と言ってもらいますと、バストアップのためのクリームなども試してみようと思うでしょう。

自分単体で見ますと確かに衰えていますが、その分、バストアップのための資金などが多い年代です。

こういった疑似恋人、もしくは本物の恋人の存在は女性にとって非常に効果が高い活力源です。

認知症の方の施設でも若い男性職員が来ますと、皆様、シャキッとするそうです。中には口紅をつけ出す方も。

脳の動きも良くなって、要介護度がさがっていく女性は多いです。女性ホルモンが出やすくなってくるのです。

40代の方は下着、サプリメント、そして女としての生きがいを持っていかに若返っていくか、バストアップしていくかが大切です。

次に待っているのは50代です。今のうちに女としての身体を整えたいですね。

放っておくとしぼんでいく卒乳後のバストケアに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »