脂肪はマッサージによって移動します!入浴タイムをマッサージタイムにして新陳代謝を促進!

バストアップは女性の永遠の憧れですよね!

バストアップ方法は、本やネットでいろいろと紹介されていますが、ここでは入浴時に行う「お風呂でバストアップマッサージ」を紹介したいと思います。

まず知ってほしいことは、脂肪は移動するということです。

毎日丁寧にマッサージをすることで、脂肪が柔らかくなり体を移動させることができるのです。

お風呂でバストアップマッサージを行うと新陳代謝が促され、血行が良くなります。

さらに、ボディソープなどで体を洗っている時に行うと、エステのクリームやジェルを使ってのマッサージと同じような効果があります。

では、具体的なマッサージ方法ですが、バストではなく二の腕や鎖骨部分、腹筋まわりの余分な脂肪を丁寧にマッサージします。

脂肪が柔らかくなるようにマッサージして、奥の方に脂肪を移動させていきます。

次に、肋骨からみぞおち、お腹まわりの脂肪は、あばら骨を外から内側へ流すような感じで、同じようにマッサージしていきます。

さらに、真ん中に寄せた脂肪をバストに向かって上方向に上げるイメージで、撫でるようにマッサージしていきます。

このようなマッサージで、バストまわりの余分な脂肪をバストに移動させ、バストアップの効果が得られるのです。

これはお風呂でなくてもできますが、あえてお風呂でバストアップマッサージを行うことで、新陳代謝を促進するなど様々な相乗効果を生み出すことができるのです。

しかし、やりすぎには注意です。長時間の入浴でのぼせてしまったり、マッサージのやりすぎでお肌を痛めてしまったり…何事もほどほどが一番ですね。

お風呂で血行が良くなると、バストを作り上げる栄養素を運搬する血液のめぐりも良くなります!

バストアップ方法のひとつにお風呂を有効活用するものがあります。

体のすべての機能は血液循環の良好さがあって正常な働きを維持することができています。

この循環経路の一部でもスムーズさがなくなってきますと、十分に機能を働かせることができないどころか体調に異変を覚えることもあります。

その点、お風呂での入浴は体全体を無理のない形で外側から温めて、滞りがちな血流を奮い立たせるきっかけとなります。

女性に多い冷えは、まぎれもなく血流とリンパの流れを鈍らせている最大の要因でもあります。

冷えを抱えていることは、体にとってのストレスにあたります。

これに対して、脳がストレスとして処理してしまうことで女性ホルモンの分泌に鈍さを作り、バストアップへの働きを阻害してしまうのです。

すなわち、バストアップのためには、この大元の冷えを解消することから始めなければなりません。

とかく冷えの解消用として様々なサプリメントなどがありますが、それだけではなく毎日の入浴習慣を継続して併用することこそ高い効果が得られます。

さらに、入浴をして体が温まり、血行が良くなった段階でバストにマッサージを施します。湯船の中でも実施は可能です。

胸元周辺の筋肉を鍛えることこそがバストアップ方法ととらえがちですが、バストを作り上げる栄養素を運搬する血液の循環が鈍いままですと、様々な運動を取り入れたとしても効果はなかなか現れにくいものです。

血行促進はバストアップ方法の大元であるのみならず、女性としてのプロポーションを整え女性らしさを作り上げる大切なものになります。

お風呂を単に体を洗う場所と考えるのではなく、美容スポットと捉えてみてください!

あのタレントの熊田曜子さんも、お風呂で湯船につかった状態で、胸に脂肪を集めながら全身マッサージをしているそうですよ。

お風呂でリラックスして女性ホルモンが分泌しやすい体を作りましょう!

アナタはお風呂はお好きですか。私は落ち着けるので大好きです。

女性の身体は冷えに非常に弱く、温めないと女性ホルモンの分泌が上手くいかなくなってしまいます。

お風呂は体に熱を入れて新陳代謝をよくするとともに、汗で老廃物を流すという意味もあります。

さらに、筋肉の緊張をほぐして、ストレスを軽減し、寝つきも良くします。

つまり、お風呂はバストアップだけでなく、健康全般にとって大事な要素ということです。

シャワーではなく、半身浴でもいいのできっかりお湯に浸かった方が、血の巡りはよくなっていきます。

温泉や岩盤浴もお勧めです。洗うときにそっとマッサージしても良いでしょうね。

そして、アロマテラピーも非常に効果があります。

アロマテラピーの精油の中には、女性らしくふんわりとした体に必要な女性ホルモンの分泌にいい影響を及ぼすものが幾つかございます。

温浴効果も上がって、一石二鳥なのです。

代表的なのはローズ、ジャスミン、ネロリなどです。ただ値段が高いのがネックですが。

そこで、よりお手頃で気軽に使えるローズゼラニウム、ローズウッドなどの精油がお勧めです。

お風呂に数滴たらしてもいいですし、マッサージ用の乳液に混ぜてもOKです。

ただ、直接塗布は止めましょう。意外と強い成分ですので。

ローズゼラニウムは、特に月経前緊張症候群の緩和に役に立つと言われています。

胸が張って痛いけど時間がたったらしぼんでしまうというような方は、お使いになるとよいでしょう。

薬ではないので過信は禁物ですが、少しでもバストアップにつながるように、使えるものは使っていくと良いでしょう。

クリームでマッサージ効果も倍増に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »