卒乳後は意識してバストケアをしないと、どんどんしぼみますよ。

胸の中には乳腺と脂肪とクーパー靭帯があり、赤ちゃんを出産すると母乳が作られますが、卒乳して役割を果たすと乳腺がしぼみ、脂肪も減るので胸は小さくなります。

胸の脂肪細胞は乳腺を守るためについており、出産直後は赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で急激に乳腺が発達してくるため、乳腺脂肪がどんどんついて、胸が普段よりもかなり大きくなります。

しかし、卒乳後は母乳を作る必要がなくなり、吸われる刺激もなくなるので乳腺は小さくなってしまうのです。

また、授乳期は子育てでいっぱいいっぱいで胸のケアを怠りがちになるので、コラーゲンでできた繊維質のクーパー靭帯が胸の揺れや重みによって伸びてしまい、元に戻らなくなってバストが崩れてしまうことも・・・。

このような変化が胸に起こることで、卒乳後にバストが垂れたり、しぼんで小さくなったり、形が乱れてしまったりという現象が起こってしまうのです。

卒乳後にしぼんで垂れてしまった胸を元に戻すには、適切なバストアップケアが必要です。

そのままにしておくと、加齢とともにさらに垂れたり、さらにハリがなくなっていきますから早急に手を打ちましょう!

バストアップマッサージで血液の循環をよくする!

バストアップには血液の循環が非常に大切です。

血液がしっかり循環している胸は温かく、栄養が行き届き、老廃物も排出することができるのでバストアップにつながります。

一方、冷えて固くなった胸は血液循環が悪くなって栄養は行き届かず、老廃物がどんどん溜まってしまい、胸がさらに重くなって垂れ下がってしまいます。

そうならないためにも、バストマッサージを行って血液循環を促進することをオススメします。

就寝前や入浴後にマッサージをすると、体が温まり血液循環も良くなるので安眠やリラックスができます。

バストアップには肩や背中、脇の下、リンパ、首元、鎖骨部分などをマッサージしましょう。

マッサージの際は肌を傷つけないようにバストマッサージ用のクリームを使用し、優しく行うことが大切です。

卒乳後に萎んだ胸を取り戻すバストケア方法。ハーブ、漢方、リラックス

卒乳後は女性ホルモンが分泌しずらくなり胸がしぼみます。

アナタは母菊(ははぎく)という植物を知ってますか?

母菊(ははぎく)は中国名ですが、西洋ではカモミールやカミツレという名称ですが、その広い効能と効果の高さから「お医者さんのハーブ」とまで呼ばれています。

このハーブはお腹の痛みなども抑えます。睡眠にいいハーブということでも有名です。

でも、ヨーロッパの方が愛する一番の理由は、おっぱいの出が良くなることと、乳腺炎が解消するためにです。私も育児中の姉にずっと淹れていました。

ところで、赤ちゃんが母乳の必要がなくなって卒乳した後に乳房(胸)が小さくなってしまう人が多いです。

女性ホルモンがなかなか分泌されなくなるということもあるでしょう。

実は、さきほど挙げた母菊(カモミール/カミツレ)は、女性の病気全般にいいというハーブなのです。

卒乳後にバストを元に戻すには、まず月経のリズムを整えておくことが必要です。始まったばかりは、ちょっと乱れてしまいます。

もし、なかなか元に戻らないと思った時には、婦人科に行って漢方などをもらってきてもいいでしょう。

バストアップは勿論ですが、総合的に体調が整います。

特にむくみや冷えが出ている、だるい、イライラする、脱毛が止まらないという方にはお勧めです。プエラリアサプリもいいですね。

あとは、リラックス効果があるマッサージなども有効です。初めて自分のお子さんと対峙していく母親は「もうどうしたらいいか分からない」となって混乱してしまうことが多々あります。

体の凝りが取れると考え方が少し柔軟性を帯び、ストレスに強くなっていきます。体と心はつながっていますからね。

ストレスはやはりホルモンバランスが関与しますので、卒乳後に再度バストアップしたいなら、ストレスをいかに貯めないか、ストレスにどう対応していくか考えていくことも重要です。

胸が小さい女性の水着の選び方に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »