バストアップクリームによって胸のハリを出せば、より魅力的に!

バストアップする方法として人気が高いのがバストアップクリームを使うことです。

クリームは色々な会社から販売されているのですが、これを胸に塗ってマッサージをして塗り込むことによってバストアップをするというものです。

しかしどのような理由で効果が出るのでしょうか?

実はこのバストアップクリームの中にはボルフィリンという成分が大体含まれいるのです。

ボルフィリンはあまり聞きなれないものですが、脂肪を増殖してくれる効果があります。

これにより、胸の部分だけ脂肪を多くして胸を大きくするのです。

しかしこれだけではありません。他にもお肌のハリを良くするためのセサフラッシュという成分なども含まれています。

お肌の張りを良くすることと胸を大きくすることはあまり関係ないように思うかもしれませんが、胸が小さくなる理由は胸のハリがなくなるからというのもあるのです。

胸のハリがなくなりますと胸が垂れ下がってしまいます。そのために胸が小さくなったかのように見えてしまうのです。

このようなことにならないためにも胸の張りは大事になります。

ただし、バストアップクリームは付ければいいというものではありません。付けるときにはマッサージをすることが大事ですのでその方法をマスターしてください。基本的にバストアップ効果を期待して下から上へマッサージします。

ただバストアップクリームを付けただけでも効果がないわけではありませんが、もっと効き目を良くするためにはやり方もとても大事になるのです。

これで人知れず胸を大きくできます。堂々と露出ファッションもできますよ。

バストアップクリームの効果はマッサージの胸の保護、美肌効果、ハリ

私の手元には、天然素材のダマスクローズのクリームがあります。

ハンドクリームなのでバストアップには使えませんが、ローズには美肌や女性ホルモンの微調整等の効果があると言われています。ボディミルクもあるそうです。

バストアップマッサージのためのクリームが通販などで大人気です。

プエラリア、豆乳など植物性エストロゲンが入ったものが主なものです。

ただ、口コミなどを見ていますと、結構効果にばらつきが出ているようです。

「効いた」という方と「効かない」「マッサージだけでいいのでは」という方色々です。

ひとつ申し添えますと、皮膚表面からの吸収は、飲用より成分が行き渡るのが遅いのです。

先にあげたダマスクローズも、アロママッサージとハーブティー飲用ではハーブティーの方が早く吸収されます。

根気強く使わないとまず無理です。

また、バストが小さい理由は必ずしも、女性ホルモンだけではないということは考慮しておいた方がいいでしょう。

筋肉や食事、考え方など他の要素も関わっています。

悩む方は婦人科などでホルモン値を測ってみても良いでしょう。

でも、バストアップ用のクリームを使うことには意味があります。

バストは非常に敏感なので、何も塗らずにマッサージしますと傷んでしまいます。クリームを塗った方が胸に対する負担は少ないのです。言うなれば、胸を保護する役割もあるということです。

またバストアップクリームの殆どが、美肌効果が高いものなので、肌に張りが出て綺麗なおっぱいになっていくということは確かなんですね。

育乳マッサージのやり方、ツボの場所に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »