女性ホルモンの分泌を促す働きがある成分が多く含まれている食べ物

ハリのある大きく美しいバストにする方法の1つとして、バストアップに効果があると言われている食べ物を食べることがあります。

具体的には、女性ホルモンの分泌を促す働きがある成分が多く含まれている食べ物です。

たとえば、キャベツには女性ホルモンの分泌を促す働きがある成分が多く含まれていると言われています。

以前、女優の平山あやさんがキャベツを食べて胸がBカップからDカップになったと話題になりましたね。

女性ホルモンの分泌を促す食材は、女性らしい体型をつくるためにも必要になります。

そして、女性ホルモンの分泌を促すために効果的な食べ方が「生のまま食べる」ことです。

なぜなら、女性ホルモンの成分は熱に弱いからです。

キャベツ以外にも、女性ホルモンの分泌を促すことで知られているのが「豆乳」や「豆腐」です。

ただ、女性ホルモンの分泌を促すという目的なら、食べ物よりもサプリメントの方がさらに効果的ですし早いです!

胸を大きくしたいなら、タンパク質は必須の食べ物

次に、胸を大きくすることにつながる食べ物を紹介します!

それは、タンパク質が豊富な食べ物です。

たんぱく質が多く含まれている食材には「乳製品」「肉」「魚」「卵」「豆腐などの大豆製品」などがあります。

タンパク質は体の中からエネルギーをしっかりと補うことができるので、胸を大きくしたいなら欠かせない食べ物ですね!

ハリのある美しい大きな胸にしたいなら、タンパク質をしっかりと摂る必要があります。

ダイエット中だからと、お肉を食べないのはバストアップに関しては逆効果です。お肉でも赤身なら太りませんから。太りたくなければ一緒に食べるご飯の量を減らすといいですよ!

また、タンパク質は胸を大きくするだけではなく、肌をキレイにしてくれる効果もあります。

その結果、ハリのある美しい肌の胸を作ることにつながるのです(^_^)

良質なたんぱく質が摂取できて、カロリー・糖質が低いは鶏肉です!

人間の生命を維持する上でたんぱく質は重要な役割を担っていますが、バストアップにも欠かせない栄養素です。

たんぱく質は大きく分けると動物性と植物性に分類され、含まれる食べ物や効果に違いがあります。

バストはそのほとんどが脂肪で構成されていますが、その脂肪を支えるには筋力が必要です。

筋力が無くなるとハリがなくなってしまい、胸が垂れ下がって見栄えが悪くなります。

筋力アップの効果が期待できる動物性のたんぱく質には血液や筋肉を作る働きがあります。

大胸筋を鍛えることができれば、効率良くバストアップを行うことができます。

動物性タンパク質

動物性タンパク質は主に肉や魚に含まれていますが、摂り過ぎるとカロリー過多になってしまいますので注意しなければなりません。

低カロリーの食材で効率良くタンパク質を摂取したい場合は鶏肉が適しています。鶏肉はカロリーが少なく、良質なたんぱく質を摂取することができます。さらに糖質もゼロです。

鶏肉の一番太らない食べ方はお湯で茹でる調理法です。茹でることによって、鶏肉に含まれる脂が抜け落ちますので、脂質が減ります。

よく、お笑い芸人がテレビ番組の企画で肉体改造をしていますが、絶対に出てくる食材が鶏肉で、調理法はお湯で茹でる方法です。これが一番太らずにしっかりとタンパク質が摂れるからです。

ちなみに、唐揚げは太るので食べ過ぎには注意して下さいね。

植物性タンパク質

植物性タンパク質は豆類に多く含まれています。

女性ホルモンを活性化させる作用がありますので、バストアップにも役立つと言われています。

特に、大豆イソフラボンは女性ホルモンによく似た働きを持ちますので、胸を大きくしたい人に有効な栄養素です。

最近では大豆イソフラボンを多く含む食品が多数登場しています。

このように動物性・植物性共にタンパク質はバストアップに欠かせません。

食事面で上手く取り入れながらバストアップエクササイズを行えば、より大きな効果が期待できます。エクササイズでは、特に大胸筋を鍛えるように心がけながら行うといいでしょう。

鶏の胸肉=バストアップというワケではありません!

中国では良くない部位と同じものを食べると、病気がよくなっていくという伝承があります。

しかし、だからと言って、鶏の胸肉を食べるとバストアップするということはないのです。

骨や筋肉、皮膚など体を作るために欠かせない栄養素であるタンパク質を豊富に含んでいるので、食べた方がいいことは確かですが、「鶏の胸肉=胸が大きくなる」はちょっと極端です。

でも鶏肉には、他の牛肉や豚肉にはない栄養が多く、女性には嬉しいものです。

日本人は仏教の影響で殆ど肉食はしていなかったのですが、鶏肉は意外と食べていました。

牛肉の脂というのはなかなか分解されずに胃に残ってしまいますが、鶏肉のタンパク質や脂は比較的吸収が早く、胃に負担がかからないのです。

我が家では病気の時には豆腐と鶏ひき肉の団子と野菜のスープが出てきます。どちらもタンパク質が多く、消化にいい品です。

また、砂肝(すなぎも)などはタンパク質だけでなく鉄分も摂れますのでバストアップしたい女性にはオススメです。

運動をする人だったら鶏のささみ肉はなくてはならない食材です。筋肉の修復に必要なアミノ酸の素にタンパク質がなってくれるためです。

さらに、鶏肉と一緒に摂る事をお勧めしたい食材が幾つかあります。

まずは、梅干しです。梅干しはクエン酸が多く、疲労回復の効果が高くなっていきます。

次に、お酢です。お酢にも梅干しと同じような効果があります。お勧めなのは栄養価が高いバルサミコ酢です。

お酢をかけると肉が柔らかくなっていきますし、酸味があるとむくみの元の塩分が少なく済みます。

また塩麹(しおこうじ)やヨーグルトなど発酵食品を塗って焼くと、お肉が柔らかく、食べやすくなっていきます。

この2つも女性には欠かせない成分が入っていますので、お勧めですね。

キャベツに含まれるボロンという成分によるバストアップ効果とは?

バストアップにはイソフラボンやプエラリアといった成分が知られていますが、日々良く食されているキャベツにもバストアップ効果があると言われています。

キャベツにはバストアップに効果的とされる成分である「ボロン」というホウ素が含まれており、野菜や果実に多く含まれているミネラルです。

ボロンには女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化し、骨を強化する作用がありますが、胸を大きくする直接的な効果があるわけではなく、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させて、バストの脂肪を増やすという効果があるようです。

ボロンはブドウやリンゴ、梨、桃、レーズンやアーモンド、わかめやひじき、昆布などの海藻類にも豊富に含まれており、女性がかかりやすい骨粗しょう症を予防する働きや、繊維質の多さから便秘予防にも効果的と言われています。

ボロンは熱に弱いため、できるだけ生食で摂取すると効果を有効的に摂取することができ、1日に必要な摂取量は3mg程度だと言われています。

必要な量をキャベツやリンゴを生食で摂取するのは非常に大変ですから、ボロン成分を配合したサプリメントの摂取も良いでしょう。

ボロンはバストアップサプリメントとしてではなく、骨粗しょう症予防サプリメントとして販売されている事も多いのですが、サプリメントは手軽に摂取できるメリットがありますが、摂取量に注意しないとホルモンバランスが崩れてしまう恐れがあるので注意して摂取しましょう。

きゃべつで胸をふくらませて、お腹をへこます!

キャベツは生活の中でごく身近な食材ですが、漢字で書くと「甘藍」となります。確かに、キャベツって何も付けないで食べてもほんのりとした甘みを感じますよね。

「芸能人がキャベツでバストアップした!」「キャベツのボロンという成分が入っていて胸に良い!」という話がある半面、「いや、意味ない、眉唾だ。」という説も出ています。

ただ現実的には、キャベツだけでバストアップするほどの成分を摂るというのは難しいかと思います。

野菜は見た目より目方がないので、馬みたいに食べないと、バストアップは上手くはいかないでしょうね。

でもまぁ、がっかりなさらないでください。キャベツにはちゃんとアナタの役に立つ側面があるのです。

もともと菜花の仲間で近縁に芽キャベツ、白菜、空芯菜、ブロッコリー、ルッコラなどがあります。大根などもお仲間ですね。

私の姉は猫を飼っていますが、子猫の時に大食漢で食べても食べても足りないような子猫でした。

そこで獣医が出した判断は、「茹でたきゃべつをご飯に混ぜなさい」というものでした。

水溶性食物繊維の宝庫であるキャベツは、非常に腹持ちがいい食材なのです。

胸を大きくしたい人の中には、食生活の改善が必要な方もいますが、空腹感が強い時にはキャベツを使ったザワークラウト等を食べてから食事をすれば、ドカ食いが防げます。つまり、ダイエットにも効果的ということです。

また、食物繊維はお通じがよくなりますのでポッコリお腹の解消にはキャベツはいい食材なのです。

お腹が引っ込めば、自然と胸が大きく見えますからね。

ただ、キャベツだけでダイエットやバストアップというのは難しいですし、健康的にも良くないので、他の食材もバランス良くこまめに食べていくことが大切です。

イソフラボンが含まれている大豆食品(豆乳・豆腐・納豆・味噌)

バストアップをするためには普段食べる食べ物にも気を遣うことも大切です

コンビニで菓子パンばかり買っていたり、お菓子ばかり食べていたら胸が発達しないどころか肥満の原因にもなります。

バストアップに効果があると言われている食べ物の代表格は大豆食品です。

大豆食品、つまり豆乳や豆腐、納豆、味噌などですね。

大豆食品がなぜバストアップに効果があると言われているかとうと、大豆の中にはイソフラボンという成分が入っているからです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。

女性ホルモンは女性らしい体を作ってくれる要素となりますが、イソフラボンにも女性らしい体を作ってくれる働きがあるのです。

ですから、日常的に大豆食品を食べることによって胸が大きくなることが期待できますし、大豆食品は低カロリー高タンパク質なのでダイエットにも良いです。

ただし、大豆食品や大豆イソフラボンによる効果は、すぐに出るものではありません。ジワジワと出てくることが多いのです。

しかし、ジワジワだからこそ自然な形で胸を大きくすることができますし、友達にも気づかれずにバストアップすることができます。

必ずしも大豆食品だけを食べれば誰でも効果が出るというわけではありませんが、成長期の女の子の場合ですと効果が出やすくなる傾向があるようです。

健康にも良いので豆乳や豆腐、納豆、味噌などは日常的に食べていきたいですね。

中でも豆乳は多くのイソフラボンを吸収することができます。理想は無調整豆乳ですが、お政治にも味が美味しくないので、最初は調整豆乳から始めてもOKです。

乳製品の効果 〜 女性ホルモンの分泌、美肌、健康、老化防止

バストアップ効果のある食材は多くありますが、特に効果があり、積極的に摂取すると良いと言われているのが「乳製品」です。

乳製品には牛乳やヨーグルト、チーズ、バターなど多くの種類があります。

バストアップをするためには、女性ホルモンを正常に分泌させて乳腺を発達させる必要がありますが、女性ホルモンの分泌には良質なたんぱく質の摂取が大前提です。

乳製品には、良質のたんぱく質が多く含まれており、現在では子供から高齢者まで幅広い年代の方が摂取していますから、摂取は比較的簡単です。

たんぱく質には血液や筋肉を作るという作用もあり、女性ホルモンの分泌を活性化させるとともに、バストアップさせるためには欠かせない栄養素でもあります。

ヨーグルトには良質のたんぱく質や糖質が含まれていますが、その他にもビタミンやカルシウムもバランスよく含まれているために強い骨を作ることができます。

また、乳酸菌は腸の働きを整え新陳代謝を促進して老化防止にもなるという優れた食品であるため、美容だけではなく健康効果もあります。

特に、チーズは品質の高いたんぱく質が多く含まれ、牛乳を原料に加工されているので栄養も豊富で、美肌効果のあるビタミンAも多く含まれているので肌もきれいになる事ができます。

その他にも、バストアップに効果的な食品としては、牛乳やバター、クリーム、アイスクリーム類、粉乳など種類も豊富なため、好きなものを摂取できる利点があるのです。

ただし、乳製品はカロリーはそこそこ高いので、食べ過ぎには注意して下さいね!食べ過ぎると胸だけでなく全体的に太ってしまうので、毎日ほどほどの量を継続して食べるというスタイルが理想です。

イタリア・ボローニャの女性の胸が大きい理由は乳製品!?

アナタは「ボローニャ」というイタリアの街を知っていますか?

ロミオとジュリエットの舞台、恋の街ということで有名ですが、もうひとつ有名なことがあります。

それは、女性の大きなバストです。

ボローニャはプロポーションがいい女性が多いということで有名なのです。

その理由はおそらくチーズなどの乳製品だと言われています。

日本人は牛やヤギの乳を飲まなかった時期が多かったのですが、昔からチーズやヨーグルトのようなものはありました。

蘇(そ)と醍醐(だいご)と酪(らく)というものです。もともとは薬として入ってきたものです。

乳製品というとお腹がゴロゴロするという印象が強いですが、乳糖不耐症の場合、発酵したヨーグルトやチーズに関しては問題がありません。

チーズはカロリーは決して低くはないので、食べ過ぎには注意ですが、女性のためにはいい食材です。

チーズにはタンパク質も多いのでバストアップには良いですし、カルシウムやトリプトファンなどの精神安定に有用な成分が多く含まれています。

チーズは何種類かありますが、モツァレラチーズなどは、癖がなく食べやすいですね。

バルサミコ酢や玉ねぎやハーブのソースでトマトと一緒に頂くのがお勧めです。

トマトにはリコピンという肌のターンオーバーを促す成分が入っていますが、モツァレラチーズとの相性は抜群なのです。

またカマンベールチーズを軽くあぶって中の柔らかい部分をプレッツェルにつけても美味しいです。

二日酔いしにくくなるという効果もあるので、ポリフェノールたっぷりの赤ワインと一緒にどうぞ。美味しく食べてバストアップしたいですね。

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど豊富な栄養素が含まれています。

バストアップには「きなこ豆乳」が効くと言われていますが、どのような効能があるのでしょうか。

きなこは大豆を炒って皮をむいて挽いた粉です。豆乳は大豆を水に浸してすりつぶして水を加えて煮つめた汁です。

つまり、「きなこ」も「豆乳」もどちらも「大豆製品」です。

大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほど、多くの栄養素が含まれています。

悪玉コレステロールを下げる良質なたんぱく質や脂質の他に、ビタミンB1・鉄分・カルシウム・食物繊維なども含まれています。

さらに、大豆の成分であるサポニンやイソフラボンには、ファイトケミカルという物質が含まれていることも分かってきました。

このファイトケミカルには、中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする働きがあります。

他にも強い抗酸化作用や免疫力を上げる働きも持っており、大豆は非常に栄養価の高い食材なのです。

大豆のファイトケミカルのひとつであるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに形も働きも似ています。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、女性が女性らしい体になるためのホルモンです。

胸を大きくしたり、月経、妊娠、出産、閉経などに関係しています。

このホルモンによく似ている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの分泌を助けると同時に、イソフラボン自体も女性ホルモンの働きをします。

それによって女性らしい体になるので、バストアップが期待できるのです。

先述したとおり、「きなこ豆乳」はどちらも大豆からできています。

「きなこ」からも「豆乳」からも大豆イソフラボンを摂ることができるので、よりバストアップの効果が高まります。

この他にも、「きなこ豆乳」は婦人科系疾患や更年期障害などにも効果のある女性に優しい飲み物なのです。

「豆乳」や「きなこ」などの大豆製品は良質なタンパク質が摂取できます。

日本人の生活に欠かせないのが大豆です。

醤油、味噌、豆腐、湯葉、納豆、きなこ・・・・大豆は魚以外のタンパク質をとる習慣がなかった日本人の貴重な栄養源でした。

私はいつも国産大豆を使った豆腐屋さんで、おぼろ豆腐という豆乳を含んだものを買います。

大豆には植物エストロゲンと呼ばれるモノのひとつである、イソフラボンが含まれています。

この成分はバストアップ用ローションや除毛用のローションにも良く入っています。

豆乳もきなこも他にも栄養が入っていますので、バストアップにはいいかと思います。豆乳きなこドリンクなどもありますね。味は好みがわかれますが。

豆乳の味は好き嫌いがありますから、苦手な方はソイラテ等にしてみても良いでしょう。

カップ半分までやや濃く淹れたコーヒーを注ぎ、そこに温めて黒糖を加えた豆乳をスチーマーでふわふわにし、ゆっくり浮かべます。

きなこを使いたい方は無糖のものをトッピングにしておくと良いでしょう。

もし豆乳の味が苦手ではない場合は、豆乳鍋がお勧めです。

ビタミンBが多い豚肉や食物繊維が多いキノコなどを出汁と豆乳を合わせたもので煮て食べるのです。

余った豆乳にご飯とチーズを入れると、締めのリゾットになります。

お鍋の方が野菜も沢山とれて、なおかつローカロリーなので綺麗にバストアップしたい方には良い方法です。

他のお肉や魚介類も出汁の塩梅を変えますと、美味しくいただけます。

たくさん食べても太らずバストアップできる大豆製品に注目していきたいものですね。

バストアップする食べ物はイチジク、ザクロ、プルーン、牡蠣

女性ホルモンの分泌を良くする食材がバストアップ食材です。

私の好物は果物です。子供のころからご近所さんに、イチジクやザクロの実を頂いていました。

実はこのふたつ、女性ホルモンの分泌を良くする食材なのです。

特にザクロはエストロゲンに似た成分を持つので、サプリの成分としても有名です。

ザクロを食べた割にはバストアップはしませんでしたが、髪は30歳を過ぎてもフサフサです。

イチジクの干したものは、食物繊維が豊富で鉄分もあって女性にはいいお品です。

血液を作っていく鉄分が不足しますと、乳房に充分な栄養が届かなくなってしまいます。

他にプルーンなども良いですね。

母方の田舎が広島なので、毎年牡蠣を結構頂いていました。

牡蠣は不足してはいけない亜鉛なども含み、ローカロリーで高たんぱくで滋養にあふれた食材で、バストアップの強い味方の食材です。

バストアップのための食事ということを考えていきますと、その人の身体に足りないものは何かということが重要になってきています。

特に、この成分が良いということもあるのですが、それ以上に様々な食材を組み合わせて、全体的に肉体が育っていくということを考えていく必要もあります。

ご飯を栄養が多い玄米や大麦入りにしただけでも、お通じも良くなりバストアップの邪魔になってしまう老廃物が出ていきやすくなったりします。

ずっとファーストフードだけというのは、食材の数などが少なくなってしまうのでよろしくないのです。できる範囲でまんべんなく食事をしていきたいものですね。

バストと睡眠の関係、寝る体制も大事に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »