光豊胸に期待できる効果はバストアップだけではありません!

女性の体は柔らかな曲線が魅力となっていますが、美しいスタイル維持には豊かなバストラインを保つことも欠かすことはできません。

バストは変化しやすい場所でもあり、ダイエットでしぼんでしまう、加齢で下がってしまう、授乳で形が崩れるなど人それぞれバストには様々な悩みを抱えています。

それゆえに、美しいバストを保つためのケア方法や施術は注目されています。

バストアップにも様々な方法があり、すぐに理想のバストにするのであれば、美容整形という方法もありますが、体にメスを入れたり、シリコンなどの異物を入れることに抵抗を感じるという方もいらっしゃることでしょう。

最近ではメスを使わずに効果的なバストアップができる施術も登場していますので、より体に負担が少ない施術を検討しているのであればそういった施術を取り入れてみるのも良いでしょう。

バストアップの施術にはマッサージやカップ吸引などの方法もありますが、最近は光を利用した光豊胸が注目されています。

光豊胸の特徴

光豊胸は特殊な光をバストに照射することで、血液やリンパの流れを良くしたり、新陳代謝を活性化させて美肌効果も期待できるバストアップ法です。

さらに、バストアップには欠かせない女性ホルモンの分泌を活性化させたり、乳房内の脂肪細胞を膨張させるのにも役立つとされています。

施術は光豊胸を行っているエステサロンで受けることができ、回数を重ねていくことで良い効果を実感できるようになります。

光で温めることで血行が良くなり、バストに栄養が届きやすくなります!

「バストは揉めば育つ」とよく言いますよね。

若干、迷信的な部分があるものの、揉むことによってバスト自体の血行が良くなることでバストアップに繋がるということです。

血行が良くなることで、バストの脂肪細胞やバストを支えているクーパー靭帯に栄養が行き届くようになりますので、胸の組織が強固になっていくのです。

バストの血行を良くするための刺激は、何も手動でなくてもいいのです。

バストに熱を帯びた光を照射していくことで、血行やリンパの流れがよくなっていくという「光豊胸」という方法もあります。

「光脱毛」や「レーザー脱毛」といった脱毛法は頻繁に耳にしたことがあると思います。

光には3つのペルソナと位相があります。「波としての光」「光源としての光」「熱源としての光」です。

脱毛は熱源としての光の性質で毛根を破壊していく方法ですが、実は光には他の作用もあります。それは美肌作用です。

光をあてることで肌がなめらかになる機能が付いた脱毛器も売っていますよね。

光脱毛の途中で、胸の状態が良くなるということで生まれたのが「光豊胸」なのです。

光と言っても何種類もありますが、光豊胸に使われる光は赤外線の仲間です。熱源なんですね。

といっても、痛かったり熱かったりはしません。コタツのようなじわっとくる温かさです。

光豊胸はエステサロンで行うことができます。

ただし、効果が出る人とあまりバストアップ効果を感じない人がいるようです。人を選ぶバストアップ法と言えるでしょう。

なので、他の方法と併用していくといいでしょう。

また、すぐに大幅なサイズアップが期待できるというものではないので、エステにこまめに通う必要があります。

たった1ヶ月でバストアップはできるの?に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »