やり方を間違えたマッサージとダイエットのためのジョギングは逆効果になることも!

バストアップのために行っていることで、実は逆効果になる可能性があるものがあります。

たとえば、マッサージや運動。

よくバストアップをするためにマッサージをしたり、運動をする方がいらっしゃますが、これはやり方によっては逆効果になってしまうこともあるのです。

バストアップマッサージの場合、胸全体を包みこんでも揉むようなやり方をしてしまいますと胸が小さくなってしまうこともあります。

胸というのは多くは脂肪でできていますが、マッサージによって刺激を与える事によって鍛えられて、脂肪がなくなってしまうことがあるのです。

その結果、胸が大きくなるどころか逆に小さくなってしまうという・・・。胸を大きくするためのマッサージは正しいやり方でやらないと逆効果です。

また激しい運動なども問題です。

たとえば、ジョギングなどの走る運動の場合、胸から痩せてしまうことがあります。

胸は一番脂肪が付きやすい部分ですので、そこから痩せてしまうのです。

マラソン選手で巨乳の人がいないのを見れば一目瞭然ですね。

ですから、ダイエットのためなどでジョギングをする場合には、スポーツブラで胸をしっかり固定したり、胸にさらしを巻くなどして胸に影響が出ないようにして運動をすることをオススメします。

このようにしなければ、バストアップの努力が無駄になってしまうどころか、逆効果になってしまいます。

それから、筋トレなどの運動によって大胸筋を鍛える人もいますが、実はこれは胸そのものが大きくなるということではありません。

大胸筋を鍛えることによって得られる効果は胸にハリを持たせることができるということです。

ハリができると垂れ下がっているバストが上向きになってくるのでバストアップにつながります。

その結果、バストサイズそのものが変わっていなくても胸が大きくなったかのように見えるのです。

ですから、バストアップのために何かをするのでしたら、それがどのような効果があるのか考えてから行うことが大切です。知らないと逆効果になってしまいますからね。。

バストアップに逆効果なこと〜筋肉、きついブラジャー、ダイエット・・・食べないダイエットは胸から落ちていきますよ。

よく運動すると、筋肉がついてバストアップになるということがよく言われます。

でも現実には、ほどほどでないと逆にバストがダウンしてしまうことになります。

私は筋肉量が40パーセントもあり男性並みです。。

二の腕にはみっちり筋肉がついていますが、胸元にはついていません。子供のころ、水泳で散々動かしたツケです。

脂肪が無くなってしまいますので、男の人の胸のようにがっちりした感じになってしまいます。

そこで豊胸効果のあるものを使っても「えっ、カップ入れたの?」と聞かれるのが落ちです。。

また、アナタは少しでもバストアップしようとして、締め付けが強くパッドが入ったブラジャーを使っていませんか?

きちんとサイトが合ったものでないと、逆にワキに流れてしまい乳房の形が崩れてしまいます。

和装の服を着る時、よく胸をつぶす下着やさらしを使います。

でも、このさらしはずっと締めていますとバストがたる〜んと垂れてきます。締め付けが強すぎるからです。

同じように、きついブラジャーも形が違うとバストアップには逆効果なのです。

あとは、ダイエットも胸が小さくなってしまう要因です。

腰のくびれがあった方がバストアップして見えますが、摂食するとまず乳房などの脂肪から減っていきます。

なので、何か食べずに痩せていくということは、バストアップには良くないと言えます。

ダイエットをするのなら、まず脂肪が付きやすい身体の改善ですね。

規則正しく生活しないと、脳の満腹中枢が機能しないのです。こまめに自分の生活の問題点を考えましょう。

胸が発達する原因と原理に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »