胸を大きくするには内側と外側からの改善が必須です!

胸を大きくする方法ですが、大きく分けると2つ挙げられます。

外側からの改善と内側からの改善です。

外側からの改善とは、エクササイズやマッサージを行い、体を動かしてバストアップをはかるという方法です。

胸周辺の血行を良くして栄養分を行き渡らせるという目的もあります。

一方、内側からの改善とは、食べ物やサプリメントによりバストアップをはかるというものです。

胸の発育のために栄養バランスのとれた食事をすることが必要です。さらに、足りない部分をサプリメントで補います。

おっぱいを大きくするには栄養が必要です。そして、その栄養分を行き渡られることが求められます。

胸を大きくするには、この外部からの改善と内部からの改善が不可欠なのです!

胸が小さな人は遺伝的なこともあるかもしれませんが、こうした部分が改善できていないことが理由のひとつではあると言えます。

おっぱいを大きくするために、あと注意すべき点は生活習慣です。これが不規則であるとおっぱいの発育に支障をきたします。

バストアップには、規則正しい生活と十分な睡眠が必要です。

質の良い睡眠は摂取した栄養分を体の隅まで行き渡らせてくれます。

また、寝ているときは成長ホルモンが分泌されます。特にPM10時からAM2時頃に多く分泌されるようです。

おっぱいを大きくしたいなら、だらだらと夜更かしするのではなく、早めの睡眠がオススメということですね!

このようなことが、胸を大きくする方法として注意してほしいポイントになります。少しずつ改善していくことで、バストアップしていきたいですね(^_^)

外科的な手術で胸を大きくするのではなく、女性ホルモンの分泌を促進させよう!

胸の大きさは、女性にとっては大きなコンプレックスになったり、悩みの種になったりするところです。

特に胸が小さい人にとっては「大きくしたい!」という希望を持っている人が多く、中には手術などを行う人も少なくないです。

一般的に胸を大きくしたり、小さいままであったりするものとしては女性ホルモンの影響が大きいと言われています。

女性ホルモンは、主に女の人が分泌されるホルモン液で、多い人ほど女性ホルモンの影響を受けやすい部分が体を変化させていきます。

この女性ホルモンが多く出るのか、出ないのかによってもバストの大きさに影響があると言われています。

しかし、このホルモンは体の中から分泌されるものであり、個人によってその分泌量には大きな差があります。

さらに、遺伝性を持っているという研究成果もあることも最近になって分かってきました。

そのため、胸の大きさはこの女性ホルモンを多く体内に分泌させることによって悩みを解決させることができるのではないかと研究が進められてきています。

これまでは、シリコンのパッドをバストの内部に入れるなど外科処置的な方法でバストアップをすることが多く見られました。

しかし、最近では外科的な手術をするよりも女性ホルモンの分泌を促進させることによって、体の中から自然にバストアップを図ることができるような治療法が行われています。

ホルモンの体内への取り入れ方法としては飲み薬のほかに注射なども利用されています。

また、プエラリアサプリも女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をすると言われ、バストアップサプリとして販売されています。

貧乳Aカップからのバストアップ方法に続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »