理想は成長ホルモンの分泌が一番活発になる22時〜2時の間に寝ていることです。

胸を大きくしたいという場合は、生活習慣を見直す必要がありますが、中でも重要なのが睡眠です。

質の良い睡眠を取ることで、胸にしっかりと栄養が行き渡り、バストが育ちやすい体を作ることができます。

さらに良質な睡眠は、胸だけではなく美肌やダイエット、デトックス、アンチエイジングなどの効果があり、女性の美と健康を維持するためには非常に大切なものなのです。

特に、夜10時から深夜2時の間は成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間帯と言われており、この時間に就寝しておくと、細胞の修復や再生が行われ、栄養分が十分に供給されます。

寝不足が続くと肌が疲れてきたり、体がだるくなったりしますが、これにもちゃんと理由があります。

それは、眠っている間に行われるはずの細胞の修復・再生や栄養補給が十分に行われなくなり、血行不良や代謝の低下により疲れが残ってしまったり不調になるからです。

また、睡眠不足によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまう可能性も高く、そうなるとバストアップを妨げられてしまいます。

バストアップを本気で目指すのなら、深夜0時前には寝て心身の休息を十分に行う必要があります。

また、寝るという行為はバストアップ効果を高める以外にも、体と心を安定させるという重要な作用があります。

心身共に充実している事が心地よく眠るということに繋がるため、バストアップと睡眠は深く関わっていると言えます。

ぐっすりと良質な睡眠をとるためには、規則正しい生活と適度な運動を心がけた生活を送り、ストレスを溜め込まないことが重要です。

また、以前は就寝中はブラジャーをしないほうが良いといわれていましたが、今は就寝中もブラジャーをした方がいいという理論が一般的です。

というのも、バストは変幻自在で小さくても垂れやすいため、1日の3分の1を占める睡眠中ずーと垂れている状態になってしまうからです。。

この状態を避けるためにも、バストアップ効果のあるナイトブラを着用して、バストの形を崩れることなく美しく保って寝ることをオススメします!

うつ伏せで寝ると胸の形が崩れますよ!

バストアップやバストの形などを気にしていても、普段の寝方などによってバストの形などが崩れてしまったり、バストアップとは違った結果になってしまうケースがあるので注意が必要です。

寝方の中でも、うつ伏せは体重によって胸などを圧迫してしまうので最悪です。

うつ伏せで寝ているとバストが潰れている状態が続いてしまうので、人によってはバストの形が崩れてしまったり、圧迫していることで血行が悪くなってバストアップとは逆の効果になってしまう可能性があります。

一方、仰向けはうつ伏せに比べると体重によって胸を圧迫することが少ないので、バストを潰さずに寝ることができます。

しかし、胸が大きい女性が仰向けで寝ていると、バストが横に流れてしまい、バストの形が崩れてしまう場合があります。

形が崩れないようにするためには、寝ている間もバストの形をキープする必要があります。

しかし、普段のブラジャーを着けて寝ていると人によっては苦しくなったり、圧迫感を感じることでしょう。

そのため、寝る際にはブラジャーを着けたりせずに楽な状態が最善ですが、現在では一般的なブラジャーとは違って、寝ている間に着けていても比較的苦しくなったりすることが少ないナイトブラがあります。

そのため、バストアップやバストの形などが気になる場合には、ナイトブラを着けて仰向けで寝れば、寝ている間もバストの形をキープすることができますよ。

若い女性は夜更かしすると胸が大きくなりません。

「寝る子は育つ」ではなく、「よく寝る女はバストアップする」・・・このことは事実です。

何故かというと睡眠には、疲労をとって自律神経やホルモンバランスの状態を良くしていく働きがあります。

特に、若い人は成長ホルモンが分泌されるのが夜間なので、睡眠がとれないとバストが育たないということになってしまうのです。

いつまでも、寝ないでスマートフォンやパソコンをいじっていては、中々バストアップはできないということです。

人の理想的な睡眠時間は約7時間だと言われています。

ただ何が何でも7時間ということではないのです。4時間でも疲労が取れれば大丈夫です。

また、休日何時間も寝てしまうという人は、少し注意した方がいいです。

かえって自律神経の状態がおかしくなって、きちんと女性ホルモンが分泌されないということになってしまうからです。

なかなか寝付けないという人の中には、眠らないといけないという感覚で体が硬直してしまう人も多いです。

そういう時は軽くストレッチでもすると、緊張が抜けてきます。

ただし、脳が興奮するほどの運動はかえって逆効果です。

横になっていて、気持ちが楽になっただけでも、人の神経は調子が良くなっていきますので、あまり思いつめず、いざとなったら15分ほど昼寝でもしようと考えた方がストレスにはなりにくいのです。

起きる時間は一定にした方が体内時計もリセットされてバストアップしやすくなっていきます。

寝室の環境も整えて、気温湿度も調節していくと寝つきがよくなりますよ。

お風呂でリラックスしながらマッサージに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたい育乳グッズ一覧を見る »